<< 続・江戸の話 百二十五 | main | 続・江戸の話 百二十七 >>

続・江戸の話 百二十六


『守貞謾稿』女扮編。今回は鬠(元結)の話である。ほぼ同じ話を既に紹介しているのだが、『守貞謾稿』の記述順に従い扱っておこう。
「平鬠は寛永後に始る由独言に云摎鬠は寛文)に起ると世事談にあり而て万治以来の図専ら平鬠宝暦の図は摎元結也其間何の世に廃之歟我衣に元禄前より元結引あれども買人稀なりと云はこき元結也既に有之て未専用せず平鬠を専用せし也宝暦に至りては平廃て摎鬠を専用とする也」
とある。平鬠(ひらもとゆい)は寛永後(1645〜)に始ると言い、摎鬠(こきもとゆい)は寛文(1661〜1672)に起ると言う。摎鬠が起こると言われる寛文より前、万治(〜1660)以来の図を見ると、専ら平鬠が描かれている。それが宝暦(1751〜1764)の図になると摎元結が描かれるように変化する。では宝暦までの間、何時の時代に平鬠がすたれたのであろうか、と発問するのである。そして、元禄(1688〜)より前には摎鬠はあったが買う人は稀であったとする記述を引き、摎鬠が起こって後も、それ以前同様に平鬠が専用され続け、宝暦年間になって平鬠が廃れ摎鬠が専用されるようになったと考察する。
「又今世の京坂に云丈長は昔の平鬠に似たれども摎鬠を以て髪を結ひ而後に摎髪の表に丈長を掛て飾とするのみ丈長を以て結髪するに非ず享保天文頃の元結は平鬠を以て結髪する歟又は今の如く平鬠は飾にてこき元結にて結髪歟図面にては難弁也」
とある。丈長は平元結の一種である。ただし守貞の頃には丈長で直接髪を結ぶのではなく、摎鬠で髪を結んだ後に丈長を装飾的に用いたと言う。守貞は享保天文の頃には平鬠で髪を結わえたのかと判断を留保する。これは、絵図からは装飾か実際に結んだものか判別し難いためである。なお、「享保天文」は「享保(1716〜1735)天文(1736〜1740)」の誤であろう。
「又昔の平鬠必ず空に反れり号之てはね元結と云針銅を納て上に反すと云り又々金銀の平鬠延宝頃専用すと風俗考に云り今も金銀丈長あり同意也又独言に寛文迄は麻縄を以て結髪し其表に黒絹を巻く平鬠を造て後絹を廃す事を云り実に其以来の図平元結久しく用之其後摎にて縮緬等を髪掛にしたる書は近世あるのみ」
とある。「昔」が何時の頃を指すのか詳らかではないが、平鬠は上に反らせるものであったらしい。それ故に「はね元結」とも言われた。これは鬠の中に銅線を納れて形を保ったものらしい。平鬠・丈長には金銀で装飾されたものもあった。寛文(1661〜1672)迄は麻縄で結い黒絹を巻いたが、平鬠を用いるようになって後、黒絹は用いなくなったと言う。守貞の時代に近くなると、ちりめんを掛けるようになったものらしい。


是非、ワンクリックをお願いします

0
    是非クリックお願いします

    表示中の記事
    Amazonリンク
    カテゴリ
    検索
    メールフォーム
    ご感想等はこちらからお願いします
    過去記事
    プロフィール
    リンク
    そのほか
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM